漫画ネタバレタイムス ウマ娘シンデレラグレイのネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

『ウマ娘シンデレラグレイ』第51R「ジャパンカップ」『ついに始まるジャパンカップ。続々とメンバーがターフへと降り立っていき、オベイユアマスターはタマモクロスに宣戦布告する!!』

ウマ娘シンデレラグレイ ネタバレ

週刊ヤングジャンプ2021年39号(8月26日発売)
国際GⅠジャパンカップがついに始まろうとしていた。オグリキャップは六平にある提案をする。そして堂々の1番人気であるあのウマ娘が海外勢の視線を集めながらついにターフに降り立つ。

前回 今回 次回
50話 51話 52話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:久住太陽「ウマ娘シンデレラグレイ 第51話」

国際GⅠジャパンカップ

東京レース場、本日のメインレースはジャパンカップ。

芝2400M、天候は晴れの良バ場!

晩秋の府中に世界中から14人のウマ娘が集まった。

タマモクロスのトレーナーである小宮山は廊下で取材陣に追われていた。

タマモクロスの状況を教えて欲しい。トニビアンカ対策は?オグリキャップが調子を上げてきいてるが。重賞7連勝へのプレッシャーは?

など質問を投げかけてくる。

それに対し小宮山トレーナーは

うるさぁああいい!!!

バタンッとタマモクロス控え室の扉を閉めなんとか逃げ切った。

うるさかったでしょごめんねとタマモクロスに謝る小宮山。

しかしタマモクロスは誰かと楽しそう通話していて全然気にしていなかった。

いつもより前で

場面はオグリキャップ控え室。

オグリは六平に今日のレースいつもより前で走ってもいいか?と尋ねる。

六平は脳裏に秋天のタマモクロスを思い浮かべながら、何故だ?と理由を聞く。

第4コーナーを回ったところでタマより後ろにいたら末橋を使っても間に合わない・・・

だから予め前のポジションを確保しておきたいんだと言うオグリキャップ。

これを聞いていたベルノは、前走の上がりタイムはタマモクロスよりオグリの方が速いし、確かに前回より前の位置で走れば・・・と補足する。

実際六平もそれは何度か考えていたみたいだ。

しかし、今回は初の2400M。オグリにとっては過去最長のレースになる。

下手に慣れない先行策を使って果たしてあの末脚を発揮できるのか六平は心配していた。

とはいえ、追い切りのタイムは中央に来て最高の状態。

何より本人がそう走りたがっているのなら・・・と六平はオグリの提案を了承する。

しかし

ただし一つ約束してくれ

六平はオグリに何か条件を持ちかけたようだ。

入場

ついに本バ場入場。続々とメンバーがターフへと降り立つ。

アメリカから参戦したミシェルマイベイビー。強靭なフィジカルが武器だ。

ニュージーランドからエラズリープライド。その美貌と末脚は正に世界級。

イギリスからムーンライトルナシー。昨年のリベンジを目論む。

日本が誇る100年に1人の美少女ウマ娘、ゴールドシチー。

続々とウマ娘が入場していき観客が盛り上がっている中、入場前にオベイユアマスターがタマモクロスに話しかける。

調子はどう?ミーはバッチリよ!

馴れ馴れしく話しかけてきたオベイユアマスターに対し初対面の距離感ちゃうやろと怪訝そうな表情を見せるタマモクロス。

これは失敬と謝りながら初対面な気がしなくてねと話すオベイユアマスター。

中々ロックな生い立ちらしいじゃない。ニッポンは負けん気で這い上がるドラマが大好物か?

オベイユアマスターのこの発言に対し、やっすい挑発やな、安過ぎて質の悪さが見え見えやぞと冷静に返す。

特別大特価なのにと残念がるオベイユアマスター。

そしてオベイユアマスターは去り際にタマモクロスの耳元で囁いた。

負けん気はキミだけの特権だけじゃない

 

そして、アメリカからの刺客!9番人気オベイユアマスター!と紹介されながら入場。

続けて、オグリキャップが入場。

今回は3番人気だが、観客からの声援は凄まじい。

 

場面は変わって中継を見ているサクラチヨノオーとメジロアルダン。

そこにディクタが2人だけか?と挨拶をして加わる。

ヤエノは修行で、クリークは雑誌の取材でこの場にいないらしい。

ディクタは先月のマイルCS圧勝で学園まで取材来てたのに大丈夫なのか?とアルダンが尋ねる。

全部断った。

今はこっちが見てぇと言うディクタの表情をアルダンは何も言わず見つめていた。

 

場面は戻り、ついに海外勢の大本命!イタリアが生んだ至宝。欧州王者、トニビアンカが入場。

2番人気ということに少し不満そうな顔を見せる。

そして最後はもちろん、史上初の天皇賞春秋連覇!世界へ挑む我等が白い稲妻!

タマモクロス!!

海外勢からの視線を一身に浴びる。

ジャパンカップここに開幕。

今回のネタバレ感想まとめ

ようやく主役がゲート前に出揃いましたね。

オグリキャップが六平に作戦を提案していましたが、カサマツの頃に比べるとだいぶ成長しましたね。

以前だったら自分からこういう話はしなかったように思います。

やはりタマモクロスと争った経験が活きているのでしょうか。

そして、オベイユアマスターは相変わらず場を引っ掻き回しますね。

タマモクロスを挑発していましたがあっさり流されてしまいました。

しかし得体の知れなさはあるので、何かやってくれそうな感じがします。

最後にタマモクロスが1番人気で入場しましたが、これもう完全に主人公ですよねw

最後の1コマ背を向けて入場していく姿がかっこよすぎます!

次回いよいよ出走ということで、強豪揃いということもあり誰が1位になるか楽しみですね。

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)