漫画ネタバレタイムス ウマ娘シンデレラグレイのネタバレ振り返りでみんなで感想・考察情報を意見交換しよう!

ウマ娘シンデレラグレイ 第48R「世界レベル」『ジャパンカップに向けて各国から強豪ウマ娘が来日してくる・・・!』

ウマ娘シンデレラグレイ ネタバレ

週刊ヤングジャンプ2021年35号(7月29日発売)
ジャパンカップに向けて世界レベルの猛者たちが日本に集まってくる。藤井は各々に取材をしていくが、みんな自信に満ち溢れている。
そんな中、ジャパンカップ出場予定のタマモクロスとオグリキャップは・・・

前回 今回 次回
47話 48話 49話
【注意】これよりネタバレを含みます
予め本誌をお読みになった上で、作品理解を深め解釈の違いなどをお楽しみください。あなたの考える考察や感想はコメントで教えて下さい。

出典:作者名「作品名 第48話」

夢の競演

ジャパンカップとはトゥインクル・シリーズの歴史で初めて設立された権威のある国際招待GⅠ競争。

世界中から集まる強豪ウマ娘と日本を代表する頂上決戦!皇帝シンボリルドルフが勝って以降、日本の勝ち星はゼロ!

記者の藤井は興奮気味にこのように会議室で語っている。

さらに今年は例年にも増して強豪揃い、ということで突撃取材を行うようだ。

世界レベルの猛者

場面は成田空港。

イギリス代表のウマ娘、ムーンライトルナシーが佇んでいた。

ジャパンカップは昨年も参戦しており、23戦10勝。その内英仏のGⅠを2勝している。

さっそく藤井は挨拶を試みる。

自分のことを覚えているか、昨年のジャパンカップは5着と残念な結果だったが今年こそは・・・

と言いかけた瞬間、ムーンライトルナシーは思いっきり藤井の足を踏みつけた。

会って早々デリカシーに欠けると指摘し、相変わらずエレガントじゃないわねフジイと返した。

藤井は自分の名前を憶えてくれたのかと痛がりながら思うのであった。

 

場所は変わって新宿。

バスケットコートにいたのはアメリカ代表のミシェルマイベイビー。

調子はどうかと質問する藤井に対し、絶好調だと返す。

どれくらいかというと・・・とその瞬間、とんでもない跳躍力でダンクシュートを決めた。

これぐらい絶好調さ!とアピールしたが、藤井はすっかり腰が抜けた様子。

 

次の場面は花園神社。

そこにはニュージーランド代表のオセアニア・チャンピオンが静かに参拝していた。

まずは日本のカミサマへ挨拶か?と藤井は話しかける。

ジャパンカップは私たち南半球のウマ娘にとって世界へ実力を示す千載一遇のチャンス。

ニュージーランドに私がいるということを世界に教えてあげる。

このように答えかなり気合が入っている様子。

 

そして藤井はアメリカから来たオベイユアマスターがどこを探してもいないと焦っている様子。

特段目立った実績もなく、情報が少なすぎてかえって不気味だと話す。

そんな話をホテルのロビーで話していると、イタリア代表のトニビアンカが現れた。

トニビアンカは今年の世界最強ウマ娘であり、ジャパンカップ海外勢の大本命。

さっそく藤井は取材を試みようと自己紹介し、意気込みを聞く。

しかし意気込みなどないと答えるトニビアンカ。

勝って示す、それだけ

その答えに藤井は最高やと震える。

日本のウマ娘

タマモクロスはトレーナーと練習をしている。

天皇賞以降ずっと高い集中力を保っている様子。

誰がどこから来ようとウチは負けへんと呟くタマモクロス。

身体は小さいし体調はすぐ崩すし貧しかったけど、いつだってこの脚で全部撥ね除けてきた。

今更世界が何なのか、全部ブチ抜いたるわ!とトレーナーに自信満々に宣言した。

そして練習中のオグリキャップ。

遠くを見るオグリキャップは何を思っているのか・・・

今回のネタバレ感想まとめ

ついにジャパンカップに向けて主要キャラが集まってきてワクワクしますね!

トニビアンカが大本命ということですが、ムーンライトルナシーがツンデレウマ娘みたいで個人的には応援したいです。

そして今週もオベイユアマスターについてはよく分かりませんでしたが、ここまで引っ張るということはかなりの強敵に違いありません。

タマモクロスとオグリキャップの再戦も兼ねているジャパンカップ、今から来週が楽しみですね!!

みんなの考える考察・感想は?

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)